設置する防犯カメラの選び方【用途に合わせて選ぼう】

防犯

車上荒らしを防ぐには

レディ

車上荒らしを防ぐには、防犯カメラが役に立ちます。防犯カメラの設置場所として、車内に取り付けた方がいい場合と、車庫の中など車外に取り付けた方がいい場合があります。また、ダミーカメラや防犯ステッカーのようなものも併用すると効果が上がります。

専門業者による防犯対策

セキュリティカメラ

防犯カメラを住宅に取り付ける場合には、盗まれないようにしなければなりません。カメラそのものも価値がありますし、撮影された記録にも価値があります。そのため、業者に設置工事を依頼することも検討する必要があります。

人に優しい環境を作ります

防犯カメラ

監視カメラは公共施設だけでなく、一般家庭でさまざまな使用用途で活躍しています。子供の留守番の見守りや高齢者の体調の異変をセンサーや音声で確認でき、見守られる側と見守る側どちらにも優しい機能が進化しています。

防犯力を高めよう

男の人

わかりやすいほうが良い

いろいろなタイプの防犯カメラが販売されるようになり、形も機能も違いがあるので、どれが良いのか迷うこともあるかもしれません。防犯カメラを設置するということは、空き巣などに入られないようにすることが目的ですから、誰が見てもわかる場所に設置して、わかりやすい形の防犯カメラを選んだほうが良いです。だから、大体同じような大きさですし、周りから見てもかなりわかりやすい場所に設置することが多いです。防犯対策を万全にしていることを街行く人にアピールすることで、この建物を狙ってもすぐに捕まるかもしれないし、中に入ることさえ難しいと思わせることができます。防犯対策が万全だと空き巣に思われることで、逮捕される可能性が高いと思いますので、防犯効果が高いです。

録画機能も

せっかく防犯カメラを設置するのならば、録画機能が付いているほうが、後々とても役に立つことがあるかもしれません。空き巣に入られにくいとは言え、どんなことが起こるのかは、まったくわからないので、いつ何が起こっても大丈夫なように、念のために映像を録画できるようにしましょう。自分の家で何かあるとは限らず、近所で何か事件があったときに、録画された映像を使うこともあるかもしれません。犯人が逃走する姿が映っており、それが決め手となって犯人を逮捕することだって十分に考えられることです。万が一に備えて防犯カメラを設置するのですが、今ではかなり大容量の映像を録画できるタイプもあるので、できれば多めに録画できるタイプを選んだほうが良いでしょう。