設置する防犯カメラの選び方【用途に合わせて選ぼう】

セキュリティ
  1. ホーム
  2. 人に優しい環境を作ります

人に優しい環境を作ります

防犯カメラ

一般家庭に普及しています

監視カメラといえば、商業施設や駐車場といった公共施設において発生した犯罪の追跡や防犯対策として設置しているイメージがあります。最近では一般家庭においても活躍の場を広げています。幼い子供が留守番をしなければならない家庭や、自宅にペットを一人きりで置いておかなければならない状況の時、監視カメラで撮影した映像を外出先からスマートフォンなどで確認できるシステムがあります。監視カメラにマイクが内蔵されていると屋内の相手に携帯電話から声を掛ける事ができたり、内部の音声を拾うこともでき大変便利です。留守にしがちな家庭において防犯対策や事故を未然に防ぐ対策が監視カメラの進歩により、より快適に使用することが可能になりました。

見守る人も安心です

監視カメラは警備会社と提携して、一人暮らしの高齢者にも活躍の場を広げています。プライバシーの問題を考慮しながら、室内に設置したセンサーで人の動きが一定期間ない場合には、高齢者の体調の異変を考慮し警備員が駆け付けるサービスがあります。なかなか思うように体が動かない高齢者は体温調整が難しくなり、真夏の暑い状況でも空調を整えることのないまま生活してしまい、脱水症状を起こす場合もあります。監視カメラでは室温を感知できるセンサーを取り付け、室内環境を見守る事も出来ます。このような監視カメラの機能の向上により体の不自由な人や幼い子供に優しく、生活しやすい環境を作り出して見守る人にも安心感を得る事ができます。